本日 12 人 - 昨日 21 人 - 累計 5578 人
  1. HOME >
  2. 診療内容
496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s-2

診療内容

治療

訪問歯科診療専門のポータブルユニットにより、歯科医院内でできる診療は、ほぼ全て可能です。

入れ歯作成・修理
新しい入れ歯に変えたい、今の入れ歯が合わない、などのお悩みを解決します。
抜歯
虫歯は放っておくと口内だけではなく、体中に様々な障害を引き起こします。早めの抜歯を。
虫歯治療
虫歯がひどく痛むけど、通院できない、という方のために。
歯周病治療
虫歯に起因する歯周病は早めの治療が大事です。


予防歯科検診

現状のお口の診断から、日常の歯磨きの仕方や入れ歯のケアなどに関してのアドバイスと指導を行います。

歯磨き訓練・指導
普段の歯磨きが口腔ケアにはかかせません。しっかりした歯磨きの方法をお教えします。
口腔内検診・治療
現在の口腔内の状態を診断し、必要に応じて治療します。



飲み込みの検査・リハビリ

嚥下障害(飲み込みの障害)の疑いがある患者様に対しては、専門家が診断・評価を行ったのち、個別の嚥下訓練指導・安全に食事ができるように、食べ物の種類や形態、食べ方の工夫をアドバイスいたします。

嚥下訓練・指導
嚥下体操だけでは足りないと診断した時に、訓練・指導を行います。



口腔ケア・飲み込みの訓練

担当の歯科衛生士が責任を持って指導します。

歯・入れ歯・舌の清掃および指導
歯と義歯、そして舌の清掃は普段から清潔に。
嚥下体操
日常生活でできる嚥下の予防体操をお教えします。
唾液腺マッサージ
唾液は口腔内を清潔に保つために重要です。唾液の出が悪い場合はマッサージで解決します。
発声・発語の練習
老齢になられますと、声が小さい、しっかり話せない、などの問題もでてきます。
発声と発語の訓練を行い、健康な日常生活を取り戻しましょう。





口腔ケアは、なぜ必要か?

歯周病予防の基本となる口腔ケアの概念が、ここ数年変化しています。
従来すべての口腔ケアは医療の一環としての医療行為と考えられていたのですが、口腔内の清掃等の日々の口腔ケアに限り、ヘルパー等が行う事が認められるようになりました。
すなわち、口腔ケアを「医療従事者が行う診療報酬請求ができる口腔ケア」と「施設介護職員が行う日常の口腔ケア」の2つに明確に区分されました。



高齢者の主な死因はお口の細菌と関係が深い
・脳梗塞⇒細菌が出す内毒素による血管の炎症、損傷
・心筋梗塞・狭心症⇒細菌が出す内毒素による血管の炎症、損傷
・悪性新生物(癌など)⇒細菌が出す発癌性物質が関与(主に口腔癌、咽頭癌)
・肺炎(誤嚥性肺炎)⇒細菌の増加と嚥下機能の低下
・菌血症・糖尿病・早産・低体重児など


口腔ケアが必要な主な理由
・虫歯や歯周病を予防する
・口腔疾患(口内炎、舌炎、カンジタ症など)の予防
・認知症の進行を遅らせることができる099295
・肺炎(誤嚥性肺炎)の発症を抑えらえる
・食べる機能が向上する
・免疫力の維持向上
・口臭を取り除き、不快感をなくす
・歯磨きによる上肢、手肢のリハビリテーションを促す
・QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上



定期的・継続的な口腔ケアは、誤嚥性肺炎、脳梗塞などの予防になり、また高齢者にとって一番の楽しみである食事の楽しみをサポートします。